リビルトコンプレッサー、エアコンコンプレッサーをはじめ、各種リビルト品、社外新品の自動車部品を取り扱っているのサポートパーツドットコムです。

交換時の注意点

クーラーコンプレッサーを交換する場合の注意点

下記作業を怠った場合、クーラーコンプレッサーの早期に破損につながります。

 

1. コンプレッサーの交換理由に関わらず、エアコンサイクル内の洗浄作業は必須です。

特に、コンデンサー・エバポレーターの洗浄不足がコンプレッサーの故障原因となります。
※洗浄により汚れを落とすことが困難な場合は、必ず部品を新品交換して下さい。
洗浄不足・未洗浄の場合、コンプレッサーの異音、焼き付き、ロックなど不具合の発生につながります。
(焼き付き、ロックは保証対象外となります)

 

 

2. コンプレッサー交換時

レシーバ(リキッド)タンク・エキスパンションバルブは必ず新品交換してから、作業を行って下さい。
※未交換によりコンプレッサー、エアコンサイクルの作動不良の原因となります。

 

 

3. 冷媒(ガス)の充填

真空引きを10〜20分間かけて、エアコンサイクル内を完全に真空状態にして下さい。
対応するガス(R12・R134aなど)の種類に注意して下さい。
ガス充填の際、サービス缶を逆さまにしないで下さい。

 

※真空引き不足・過多、対応するガスの入れ違い、サービス缶を逆さまにしての充填などにより異音、焼き付き、ロックの原因となります。

関連ページ

カーエアコンは必須アイテム
カーエアコンの故障は、走行に対して影響する事はありませんが、車内空間を快適にする必須アイテム
冷房システムの故障事例と原因
リビルトエアコンコンプレッサー、クーラーコンプレッサー、を販売しているサポートパーツドットコムです。
f暖房システムの故障事例と原因
リビルトエアコンコンプレッサー、クーラーコンプレッサー、を販売しているサポートパーツドットコムです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
Yahoo!ショッピング ヤフオク! リビルトターボ.com よくある質問 お客様の声